貸会議室の概要

貸会議室というものが身近になりました。貸会議室とは、会議や打ち合わせを一定時間貸し出すサービスです。民間が行っている貸会議室業者と、自治体や公共施設が行っているものがあります。民間の貸会議室は、ビル一棟まるごと貸会議室として行っている場合と、自社ビルの一部を貸会議室として貸し出している場合があります。貸会議室を持っているホテルもあります。
貸会議室の予約は、管理しているサイトで行います。エリア、利用人数、利用目的、日にち、時間、予算などの項目を入力します。貸会議室を管理している会社のサイトと、貸会議室のポータルサイトもあります。

一般的に貸し会議室は2時間からの利用で、1時間あたり料金が設定されています。机、椅子、ホワイトボードなど基本的な備品は無料の場合がほとんどです。プロジェクターやマイクなどを使いたい場合は、オプションで追加料金を支払う必要があります。中にはドリンクや軽食を付けることも可能です。時間帯によって料金は異なり、深夜の利用は割増になることがあります。長時間の利用で割引をしてくれる貸会議室もあります。支払いは前払いが一般的で、使用後に延長料金などの追加料金を支払います。

公的機関が運営している市民センター、公民館などの貸会議室は、民間の貸会議室よりもリーズナブルで、5分の1程度の料金で借りられることもあります。しかし民間の貸会議室は、公的機関の貸会議室には無いサービスで差別化を図っています。